公開か非公開か?

求人情報は、就職や転職に役立ちます。ペーパーだけではなく、ウェブ上の情報なども豊富です。ハローワークで手堅く見つける方法もあります。ところで、求人には種類があるのをご存知でしょうか?公開されているものと公開されていないものです。閲覧する側としては、公開されていないとわかりませんから、普段目にしている求人は公開されているものです。求人媒体、サイトなどで公開され、幅広く募集しているケースです。公開されていない求人もあります。

これは、一般公開していないという意味です。ヘッドハンティングのような形ですが、閲覧する側としては、その求人内容を確認することができません。これは、あるサイトなどで、自分に合う求人に応募した時に、人材紹介会社などで、求人内容とは違う仕事を紹介されることがあります。これは、そういう方の応募を待っていた形です。企業が人材紹介会社に対して、○○の条件に合う方が応募してきたら、教えて欲しいということを伝えることで、始めて求人内容が明かされるものです。

ですから、サイト上には、求人は公開されることなく、個別に公開し、紹介する形になります。このような求人は極秘求人と言われています。どうしてそのような形にしなければならないか?それにはいくつか理由がありますが、言葉はミステリアスですが、よくある話とされています。一般的にはあまり聞かない求人ですが、最近はこのような形態での求人も多いようです。

※特選外部リンク
ウェブ上で求人を見つける場合はこのような専門の求人サイトがあり、全国の求人情報を簡単に探す事が出来ます > > > 求人